So-net無料ブログ作成

スペインの優勝を決めたシュートの瞬間、イエニスタがジャージを脱いだ理由(ワケ)

あのシャツのメッセージにはそういう意味があったんですね。
今になって、ちょっと感動。

かなりラフプレーが多い試合でしたが、イエニスタがゴールした
時のキーパーのカシージャスの涙といい、感動させてもらいました。

もっとも、イエニスタは試合中ずっと自重していたというのは
ウソでしょう。オランダの激しいあたりをレフェリーが反則
とってくれなかったので、報復行為してましたもんね。
あれはイエロー出されてもおかしくなく、もし出されてたら
シャツは脱がなかったでしょうね。

  

「 互いに何度もゴールを襲い合う死闘だった。延長後半11分、セスクのパスを受けたイニエスタは右足を振り向いた。シュートは遠かったオランダのゴールに突き刺さり、イニエスタはそのままスタンドに駆け出しながらジャージーを脱いだ。規定から、イエローカードは覚悟のうえだった。アンダーシャツには「ダニ・ハルケ いつも一緒だ」と書かれていた。警告を受けても、どうしてもこれを見せたかったのだ。彼に。
 ダニエル・ハルケはバルセロナ出身。エスパニョールの主将や、21歳以下のスペイン代表としても活躍した。だが、昨年8月、遠征先のイタリア・フィレンツェのホテルで急死した。急性の心臓疾患、26歳の若さだった。同じバルセロナを本拠地にするエスパニョールの中心選手として、イニエスタやシャビ、プジョルには、おなじみの仲間だった。
 決勝ゴールとなる延長後半の得点を決めると、イニエスタは躊躇なくジャージを脱いだ。主審は当然のように、笛を吹き、イエローカードをかざした。イニエスタには覚悟の警告だったのだろう。カードが飛び交った激しい決勝戦で、イニエスタは1枚も警告を受けていなかった。これが2枚目で退場となったなら、イニエスタもジャージーを脱ぐことはなかったろう。
 いや、激しいゲームの中で、このアンダーシャツをみせるために、彼はファールを自重していたのかもしれない。それぐらい、冷静なプレーと、熱いハートを平気で共存させることができる選手だ。」

http://southafrica2010.yahoo.co.jp/news/ndetail/20100712-00000577-san-socc










女性のためのパーフェクト護身術 痴漢・性犯罪の防犯対策はこれで大丈夫

女性のためのパーフェクト護身術 口コミ・感想


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。